生理前の肌荒れは防げる!

生理前になると、ホルモンバランスの変化によって体の色んな不調が出てきます。ホルモンバランスの変化の影響のひとつに肌荒れもあります。生理前になると、プロゲステロンという黄体ホルモンの分泌が増えて、逆にエストロゲンという卵胞ホルモンの分泌量が少なくなることが影響しています。私も実践している今日からできる簡単な予防法・対処法をご紹介します。生理前になると、どうしても過食傾向が出てくる女性が多く、食欲旺盛になったり甘いものがたくさん食べたくなったりするということがあります。甘いものや油っこいものをたくさん食べると、肌の生まれ変わりに使われるビタミンB2やB6を沢山消費してしまい、肌を良い状態に保つことができません。エストロゲンの分泌が盛んになると、ただでさえ皮脂の分泌量が増えてギトギトになりやすいのに甘いもの等をたくさん食べると輪をかけて吹き出物やニキビのできやすい状態を作り出しています。ですから、生理前になったら、体が要求するままに甘いもの等を過食することなく、ヘルシーな和食を腹八分目という感じの食事を心がけましょう。肌が脂っぽくなっていると感じたら、早めにピーリングをして対策すると、ニキビができたり悪化するのを防ぐことができます。